TANAKA STUDIO

明石の小さなピアノ教室『TANAKA STUDIO』の田中奈美です。 日々のレッスンの様子や音楽の事を書いたレッスンノートです。 生徒達や生徒のお父様・お母様、音楽が好きな方に読んでいただけたらうれしいです♪

鍵盤ハーモニカ

鍵ハモオーケストラ終了!勝誠二さん&北野淳さんライブ♪♪

昨日、鍵盤ハーモニカオーケストラ本番に行ってきました~
無事終了・・・というか、私はとちってしまいましたが
ハハハ・・・

場所は・・・大阪の大正sunset 2117川に浮かんでるお店です
DCF00014







DCF00009








とってもステキでおしゃれなお店

今回は写真撮影OK!だったので、ご紹介していきま~す

まずは、たらすなさん
DSCF2649
















たらすなオーケストラの皆さん
DSCF2652

わたし~あなたの~~

ウクレレ~~きらい~~





ここからは、勝誠二さんのワークショップの方々の演奏

勝さんといのまっくすさん
DSCF2653

ルパン三世
かっこよかった~~



DSCF2654
















ウクレレの方々の演奏が終わって、いよいよ鍵盤ハーモニカオーケストラの出番
DSCF2661
















DSCF2672
















曲目は・・・
アイネクライネナハトムジーク
I  Love You  /  尾崎豊
卒業写真   /   松任谷由美
上を向いて歩こう  /   坂本九
見上げてごらん夜の星を   /  坂本九

DSCF2687
















私は『見上げてごらん~』の始めを思いっきり『I  Love  You~』と吹いてしまい大失敗
皆さんのあたたかい雰囲気と、他のメンバーの方のおかげでなんとか演奏終了
ありがとうございました。。。

こんなにたくさんの鍵盤ハーモニカと合わせたことは始めてで、とっても楽しく演奏できました。タンギングをもっと勉強したくなりましたとにかく楽しいステージでした

ここで、いのまっくすさんとみずきくんの『仮面舞踏会』
DSCF2688


ほとんど、踊りでしたがめちゃウケでした~衣装がまたいい~





ここからは、鍵盤ハーモニカ奏者・シンガーソングライターの北野淳さんのライブ
DSCF2691















鍵盤ハーモニカも奥が深い・・・
かっこいい~~

そして、勝誠二さんのウクレレライブ
DSCF2692















いつ見ても、勝さんかっこいい~
エヴァンゲリオンも聴けた~
圧巻ライブでした~

最後は、勝さんと北野淳さんのセッション
DSCF2697















ウクレレ&鍵盤ハーモニカ。
かっこいいセッションでした。
サザンの『シャララ』
最高でした~~

音楽は楽しい

パワー充電

これからも楽しんでいきましょう~

鍵盤ハーモニカ♪

今年の夏のお楽しみ講座は『音のワークショップ』
日程の決定が遅くてすいません決定次第、連絡いたします

それぞれが作曲した曲の発表をその時に一緒にするかを思案中・・・
まだ出来ていない子もいるので。。。
あまり、“作らなきゃ”という意識の中で作ってほしくないと思っています。

その、曲作りのアドバイスなども『音のワークショップ』でやろうと思っています。

今回は、みんなが小学校で使っている鍵盤ハーモニカを使います
もちろん、みんなにも持ってきてもらいますっ

私も、もちろん持っていきます
DCF00001








私の相棒(ウクレレも
スズキの
ハモンド44

みんなが小学校で使っているのは、鍵盤が32個です。
私のハモンド44は、鍵盤が44個あります。

そのぶん、長さも少し長いです。アンプにつなぐこともできます

私は、子供の頃からず~~っと、小学校の鍵盤ハーモニカに疑問がありました。

小学校の音楽の時間。。。

鍵盤ハーモニカは、だいたい机の上に置いて吹いていましたよね。
今もそうだと思います。
音楽会などには、立って演奏していますが

鍵盤ハーモニカは、鍵盤楽器だけど、打楽器じゃない。
管楽器と同じ。息を吹いて音を鳴らす楽器です。

でも“ハーモニカ”とはまた違うんですよね。
ハーモニカは息を吸っても音が出るけど、鍵盤ハーモニカは吹くだけ

息の吹き入れた強さによって表現ができる鍵盤楽器

ピアノをしていた私にとって、疑問がありました。

ピアノは、基本イスに座って弾く楽器。

鍵盤ハーモニカは、せっかく持ち歩いて弾ける鍵盤楽器なのに、なんで体を固くしてピアノを弾くみたいに弾くのか。。。

息を吹き込む楽器なのに、そのおもしろさを教えてもらえなかった気がしています。

今は小学校の音楽教育も変わっているとは思いますが・・・

『吹く』って、こんなにおもしろいんやで~

というのを感じてもらおうと思います。

これは、ピアノのを演奏にもつながります

レッスンで、よく『ここで息をして』と言います。

生徒は最初、『ん』という顔をします

そうですよね~。ほんとに息継ぎをするのか、手を上げるのか・・・
最初はわからないと思います。

ピアノを弾いている時、もちろん息をしています。

いろんな曲の場面で息をしていると思いますが、フレーズの切れ目とか、息継ぎを意識してしなければならないことがあります。

打楽器だからといって、息継ぎを意識しないわけではなくて。。。

音楽を表現する時は、いつでも息を吹き込む作業は必要です

それは、鍵盤が弾ける・弾けないということとは別で、

音を表現するには、必ず『息』は関係してきます。

『音のワークショップ』では、その部分の入り口のドアを開けてみたいと思います

あと、カズーという民族楽器も使います
スーパーの袋で代用できるんですが今回はカズーを1人1つずつ渡す予定です。お楽しみに

『息をする』こと
『表現する』こと
『弾く』こと

全部、混ぜちゃいましょう

それが、今回のテーマ

今後のピアノ演奏につながるものがあると思います
livedoor プロフィール
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

777円から絵が買える!絵の”測り売り”ショップART-Meter
【アートメーター】なら、お部屋インテリアコーディネートにはもちろん 引越祝いやウエルカムボードにお手ごろ価格で1点モノアートをお届けします!
Powered by ART-Meter