2015年
今年もよろしくお願いいたします‼️

みんなはお正月、おいしいもの食べたりしてるのかなぁ〜❓
またいっぱい話聞かせてね(๑¯◡¯๑)♪

先生は、、、
おぞうに食べて
おせち食べて
お酒のんで
寝て
テレビ見て・・・

な感じの1日です♪笑

そして
今年一年のレッスンの事やイベントの事を考えたりしています。
それは、いつも頭の中にあって離れない。
今日だからということではないんですが、今日は今年の始まりなので特に考えています。

気をつけること第1位は・・・
興味を失わせないこと。
子供達に長くピアノを続けてもらうには、最初の興味を失わせないこと。

たぶん、それは技術を高めることよりもすごく難しいことなんだと思います。

なんでピアノを弾きたいのか
理由がなくても全然いいんですが
「弾きたくてしかたない!」と
そんなワクワクを持って
いつもレッスンに来てほしい

それにはどうしたらいいか
それをいつも考えています。。

ピアノを弾いてて何になる?

素朴な疑問かもしれませんね。
ただの習い事ですませればそれだけのものになりますし。
習っていても、別にピアニストになるわけじゃない。
音楽の知識をつけて、学校の音楽会の時に困らなければいい、、など。
いろいろなニーズがあると思います。
それはどれも間違えてはいません。
どんな理由であれピアノを弾いている事には変わりがありません。


「音遊び」

音ってとんでくるんですよね。
響くものなんですが
響かせる技術と
とばす技術とは
違うと思っています。

とばないのに響かす技術を教えても、おもしろくない。
私なら楽しくないです。

どこをたたくかによって、音が出ます。
どこをたたくかをわかれば、メロディーになります。

どこをたたくかがわからないから、たたくのがめんどくさくなったりイヤになったりします。

どこをたたくかは、楽譜に書いてあります。

でも楽譜があまりうまく読めない。
だからどこをたたくかがわからない。

だから弾けない。
だからめんどくさくなって
イヤになって
音楽は大好きなのに
できないと思っちゃう。

できないわけじゃないんです。
それは教える側の責任で。。

できるように教えていくべきで
それが指導者なわけで

私もその当事者としてすごく慎重に考えて接しています。

音を聴くこと。
今の子供達にはそれが必要だと感じます。何のジャンルの音楽でもいいんです。聴くこと。

聴いた音に反応すること。

体を動かすとかリズムを足でとるとか、なんでもいいです。

たくさん音に反応できる一年に!

と、同時に楽譜も読めるように!笑


そして何よりも・・・
楽しみたい。
みんなとのレッスン時間を楽しみたいです。

そして
また新たな子供達との出会いを大切に

自分の役割は何なのか

それを問う一年間になりそうです。

たった1回のレッスンでも
上達できる的確なアドバイスができるようになりたい!

音を届けたい!

今年もよろしくお願いします((ヽ(๑╹◡╹๑)ノ))♬