昨日、Rちゃんからもらいました。
2014-06-25-21-24-26
「先生にあげるー」と。
池でつかまえたそうです。
私の生き物好きを知ってくれていたんだね

「これも〜♪」とRちゃん。
2014-06-25-21-26-22
ちゃんとエサをメモしてくれていました。

目をキラキラさせて
私に持ってきてくれました

ピアノを通じての出会い

いつも出会う度に思います

みんなちがう

みんなそれぞれ

同じじゃない

言葉を発するタイミングも
褒めてほしいタイミングも
わかってほしいタイミングも
すねるタイミングも
笑うタイミングも
わがままを言うタイミングも
こっちを向いてほしいタイミングも

私はそのタイミングに
どれだけ合わせてあげられるか
いつもジッと見ています
おもしろいことで笑いながら
ジッと見ています

みんなをもっと知りたい
限られたレッスン時間の中で自分自身を表現できるようにするには

その基盤は

相手をわかるということ

この先生はこんなんだというのを
生徒自身がわかってるということ

そして私自身もこの子はこんなんだというのをわかること

それがないと本当の意味での充実したレッスンは作れない

そこから音が出来ていく
音が流れていく

ほんとにきれいで楽しい音が流れていく

ずっとブログをさぼってましたが、また書き始めようかと思います。
自分の想いを。
あ、もちろん教室の報告も