部分練習の時や、練習するのがめんどくさくなったりした時は・・・
サイコロ練習法がおすすめです

わが家でも子供たちがやってます
レッスンでも、たまに状態に応じて取り入れています

やり方は簡単

練習する回数をサイコロで決めるだけ

ルールは・・・1が出ても6が出ても文句を言わずにその現実を受け入れて練習すること。

1回だったらラッキー

6回だったら・・・ブ~~~~~~

自分で回数を決めるより、サイコロで出た数は受け止めやすいというか、「しかたないなぁ~~」的な気持ちになるんでしょうネ。甘えがないというか・・・

まぁ、どちらにしても練習をすることには変わらないので、「えぇ~~~また弾くの~~」というグダグダした時間を短縮できます

レッスンで使っているサイコロはコレ
DCF00075






今もいろいろなサイコロを集め中です

これは六面体ばかりです。

このサイコロと、うちの子用に使っているのがコレ
saicoro

十面体と十二面体と二十面体です。

あまりにやる気のない時や、弾けなくて練習が嫌になりかけている時に使います。

19が出た時は・・・
「あ・・・19回か・・・
と、意外と冷静に受け入れピアノに向かっていました。

自分では、絶対そんな練習回数を設定しませんよね
ゲーム感覚で子供には受け入れやすいんじゃないかなぁ~と思います

あと、六面体のサイコロ展開図を渡して、サイコロを作ったりもします
DCF00082


自分のオリジナルサイコロが出来るので、おもしろいですよ

お家に1つはありますよね~。
いろんなサイコロでするのもいいし、作るのは簡単なので、手作りもいいですネ

お家の練習で試してみてはいかがでしょうか~