TANAKA STUDIO

明石の小さなピアノ教室『TANAKA STUDIO』の田中奈美です。 日々のレッスンの様子や音楽の事を書いたレッスンノートです。 生徒達や生徒のお父様・お母様、音楽が好きな方に読んでいただけたらうれしいです♪

2014年06月

誰も描いてないものを描きたい。

7/12の弾きあい会にむけて、演奏はもちろん、絵の作成も2種類描いています。

絵を描く目的は。。

簡単に言うと。。

発想力・直感力・創造力を鍛えるため。

ピアノにも必要です。
イメージする力・瞬発力。
どんなふうに表現したらいいか、どんな音でひいたらいいか。瞬間的な動き。継続的な流れ。

絵も同じ。
上手とか下手とかではなくて、自分がどう描きたいか。

子供達との最初のやりとりでいろんな事が見えてきます。

「好きなように描いていいよ♪」

そう言うと、思いのままに描き始める子や、しばらくジッと考えてバーっと描く子、わけわからず「何描いたらいいん?」と聞く子。

1番多いのが「他の子が描いたのを見せて!」でした。

気になるんだよね。
自分の描いたものが変なのだったらイヤだから。
他の子が何を描いてるか確認したい。

わかるけど〜
見せませ〜ん♪♪♪
見ちゃうと、先入観。
自分の表現ではなくなる。
新鮮ではなくなるから。

比べられるのが不安なんだよね。
よくわかる。
それが、今回の弾きあい会のテーマかなって感じました。そのあたりも少しだけ当日にお話しようかと思います(´◡`๑) 

ある生徒ちゃんが言いました。

「誰も描いてないものを描きたい」

絵に正解とかないけれど、この気持ちはズバリなんです。

今回の狙い。

みんなに感じてほしいことがこの言葉のとおりなんです。

自分の表現をしてほしい。

ピアノじゃなくてもいい。
自分にできること。
自分が自信持ってること。
ない?ないはずないよ
何かあるはず。
ないんだったらピアノを得意にしてしまおう

勉強が苦手でも走るのは誰にも負けないっ!とか。
絵はうまく描けないけどザリガニ釣りがめっちゃうまいっ!とか。

ピアノを弾くのも技術のレベルの問題はありますが、表現するのにレベルは関係ありません。

自分にしか弾けない音色。
自分にしかできない表現法。

そしてそれは
自発的なほど、キレイ。

そして自発的に弾けるようにもっていくのが私の役目。
もっともっとがんばらなくては(´◡`๑) ♪

今回の絵の作成、ぜひとも当日の展示を楽しみにしてて下さいっ






カメさん♪おこしやす〜

昨日、Rちゃんからもらいました。
2014-06-25-21-24-26
「先生にあげるー」と。
池でつかまえたそうです。
私の生き物好きを知ってくれていたんだね

「これも〜♪」とRちゃん。
2014-06-25-21-26-22
ちゃんとエサをメモしてくれていました。

目をキラキラさせて
私に持ってきてくれました

ピアノを通じての出会い

いつも出会う度に思います

みんなちがう

みんなそれぞれ

同じじゃない

言葉を発するタイミングも
褒めてほしいタイミングも
わかってほしいタイミングも
すねるタイミングも
笑うタイミングも
わがままを言うタイミングも
こっちを向いてほしいタイミングも

私はそのタイミングに
どれだけ合わせてあげられるか
いつもジッと見ています
おもしろいことで笑いながら
ジッと見ています

みんなをもっと知りたい
限られたレッスン時間の中で自分自身を表現できるようにするには

その基盤は

相手をわかるということ

この先生はこんなんだというのを
生徒自身がわかってるということ

そして私自身もこの子はこんなんだというのをわかること

それがないと本当の意味での充実したレッスンは作れない

そこから音が出来ていく
音が流れていく

ほんとにきれいで楽しい音が流れていく

ずっとブログをさぼってましたが、また書き始めようかと思います。
自分の想いを。
あ、もちろん教室の報告も






わっかつなぎ☆3300個突破!

ずーっと教室で続けている「わっかつなぎ」
3300個を突破しましたっ
3500個までもう少しだー
image

みんな、作曲家を何人も覚えてきましたね。継続は力なり。すごいです。
続けることはすごい。

最初のきっかけは何であっても
それを続けることはすごい
そこから続けてる意味が
だんだん見つかれば
それでいいんだと思います

今日もやりまっせーーー

追い込み練習

4ページあるD♭メジャーの曲。
「最後までミスは3回でよろしく。」と軽くプレッシャーを与える。
「え、えぇぇぇぇ( ꒪Д꒪)( ꒪Д꒪)」と生徒ちゃん。
弾き始めた途端に間違える。
かなり焦る( ꒪Д꒪)( ꒪Д꒪)
「あ、ごめんごめん。5回ミスまでOKでいこ!」
少し落ちつくが、また間違えて焦る。
「あ、20回ミスでもOK!」
落ちつき取り戻し、間違えなくなった。
ごめんごめん、緊張させたね。
焦らせたね。
でも焦ることは大事。
追い込むことは大事。
そして緩めることも大事。
9歳の君にもできる。
きっとミスなく弾けるよ。
いい笑顔でした(´◡`๑)

遊びたい!

最初の最初に戻ろう。
私は子供達と遊びたい!
生徒達と遊びたい!
音と遊びたい!

私ができることをやっていくだけです。

いっぱいみんなと遊びたい!

鍵盤柄の靴下♪ありがとう〜!

生徒さんにもらいました〜❗️
2014-05-27-14-57-10
リアルな鍵盤柄の靴下🎹
なかなか売ってないですよね〜
お気に入りですっ!
レッスンで履きますよーーん❗️
livedoor プロフィール
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

777円から絵が買える!絵の”測り売り”ショップART-Meter
【アートメーター】なら、お部屋インテリアコーディネートにはもちろん 引越祝いやウエルカムボードにお手ごろ価格で1点モノアートをお届けします!
Powered by ART-Meter